臨床TMS研究会について 経頭蓋磁気刺激・rTMS療法

 
  臨床TMS研究会  
  反復経頭蓋磁気刺激療法 臨床TMS研究会  
  トップページ臨床TMS研究会についてTMSについてTMS受診のしかたTMS保険実施の医療機関の情報提供会員向けデータベース事業  
 

臨床TMS研究会・トップ 臨床TMS研究会について

 
 

臨床TMS研究会について

  • うつ病の社会問題化

  1. 「患者調査」によると、1996年には43.3万人だったうつ病等の気分障害の総患者数は、2014年には111.6万人と2.6倍に増加している

  2. 自殺既遂者に対する調査から、うつ病等の気分障害が自殺の要因として特に重要であることが明らか

  3. 2011年、厚生労働省により、精神疾患が癌などと同様の「五大疾患」に認定

  • 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)とは

  • 療養と薬物療法のみでは社会復帰できない患者さんも多く認められております。そのような患者さんに対して、一定の治療効果をもつ新たな治療法として、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法がわが国でも承認されました。

  • rTMS療法は、変動磁場を用いて脳内に渦電流を誘導し、脳実質を刺激することで、皮質や辺縁系の機能的不均衡を是正することによって、抗うつ効果が得られると考えられております。この侵襲性の低い脳刺激療法は、新たなうつ病治療の選択肢として期待されています。

  • 当研究会の目的

  • 精神疾患に対し反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)に関心のある医師および医療従事者が集まり、適切な診断と治療を通じて症状改善が行なえるよう、相互の連携により患者様が適切な医療サービスを受けられる基盤作りを検討することです。

  • ・ 保険診療で実施している医療機関の情報提供
    ・ rTMS療法のデータベース作成
    ・ rTMS療法における問い合わせ対応
    ・ rTMS療法に関する調査・研究
    ・ rTMS療法の普及啓発活動、など

ページ上にもどる

役員 五十音順

役職 氏名 所属機関名
代表世話人 三村 將 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
副代表世話人 鬼頭 伸輔 東京慈恵会医科大学精神医学講座
世話人 五十嵐 良雄 医療法人社団雄仁会メディカルケア大手町
世話人 岩田 仲生 藤田医科大学医学部精神科
世話人 岡本 泰昌 広島大学大学院精神神経医科学
世話人 髙橋 隼 和歌山県立医科大学神経精神医学講座
世話人 中村 元昭 昭和大学発達障害医療研究所
世話人 水野 雅文 東京都立松沢病院
世話人 竹林 実 熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座
事務局世話人 野田 賀大 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
顧問 樋口 輝彦 一般社団法人日本うつ病センター
顧問 川人 光男 ATR 脳情報通信総合研究所
奈良先端科学技術大学院

ページ上にもどる

臨床TMS研究会への入会について

本研究会への入会を希望する場合は、以下の事務局メールアドレスにお問い合わせください。世話人会で審査の上、承認手続きを進めて参ります。

  • お問合せ先「臨床TMS研究会事務局」

ページ上にもどる

お気軽にご連絡ください

 
 

トップページ  臨床TMS研究会について  TMSについて

TMS受診のしかた  TMS保険実施の医療機関の情報提供

会員向け データベース事業について

 
 

経頭蓋磁気刺激なら「臨床TMS研究会」

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部精神神経科学教室内

Copyright 臨床TMS研究会. All rights reserved.